足の臭いを抑える方法

私は社会人になり仕事をはじめてから足の臭いが気になり始めました。そもそも社会人になると1日中同じ靴をはきっばなしで、更に職場はアパレルでしたので服の段ボールを担いだり、お客様が欲しい服を裏にあるバックヤードにとりに走ったりして意外に運動する量が多くて汗をかいていたので足ハイヒールにストッキング足の裏もかなり蒸れていました。

ですのでみんな割と足が臭かったです(笑)しかし接客業なので臭いのは致命的でしたのでみんな必死に対策をしていました。私も色々試したなかで効果的だったのはまず、靴を六足買って毎日違う靴にしました。靴が完全に乾くまでは風通しの良い場所に置いておきます。次に仕事で休憩に入る度に足を除菌シートで拭いていました。

これはかなり効果がありやるとやらないでは全然臭さが違います!!特に指の間を念入りに。サラリーマンの方もトイレでささっとふくのも良いかもしれません。そして足を完全に乾かしてから靴を履きます。あとは靴の中に使い捨ての湿気をとるシートをひいていました。これも使い捨てなのでかなり良かったです。シートをとりかえるとシートが湿っているのでかなり汗をすいとってくれていたことが分かります。これで大分臭くなくなったので今でもこのやり方をしています。

足の臭さはどのようなものか

雑菌というのは足が臭いになったりします。主な原因として雑菌というのがあったりするわけですから、これは十分に知っておくことになるといえるでしょう。そもそも足にもともと潜んでいる常在菌というのがありますから、それが汗と交じり合うことによって匂いを発しているということがあります。

汗と混ざった皮脂や古い角質などの老廃物を常在菌を分解することによって、臭いの元となる物質ができたりします。納豆にも含まれているイソ吉草酸とかがあったりしますから、それによって何を言ってくるということがありますので注意しておいた方が良いでしょう。少しでも雑菌を綺麗にすることによって、匂い自体はどうにか出来たりすることがあります。

それができるようになりますと上手く足の匂いを消すことができますから、それによって安心して足を出すことができるようになります。それこそがとても重要なことになりますから、覚えておきましょう。

消臭グッズなどを活用するということによって誰でも簡単にきれいにするということができるようになりますから基本的にはそこまで怖いことではないということを認識しておきましょう。足の匂いは解消できるようになっているのです。